キャッシュレス

自分で手作り!DIYできるウェディンググッズリスト

公開日:2017年05月10日 カテゴリー:DIY, ウェディングアイテム, 結婚準備アイディア集 タグ:

一生に一度の結婚式を思い出に残る日に

結婚式の日取りが決まると、担当のウエディングプランナーと当日に向けて準備することなどの細かな打ち合わせがスタートします。初めての打ち合わせで、「結婚式ってこんなにたくさん準備することがあるの!?」と驚いたカップルも多いかもしれませんね。すべて業者任せもいいですが、一生に一度の大切な日だからこそ、自分たちで用意できそうなものは手作りしてみたいですよね。結婚式にかかる費用も節約することができますし、ゲストにも喜ばれるので一石二鳥です。DIYできるおすすめのウェディンググッツをまとめてみました。

DIYできるおすすめのウェディンググッツ

ウェルカムグッツ

ウェルカムグッツとは、最初にゲストをお迎えするウェルカムスペースに飾るものです。一番にゲストの目に留まるものなので、頑張って手作りをするカップルも増えています。例えば、コルクボードを買ってきて2人の思い出の写真を貼り、それをウェルカムボードとして飾ることもできますし、ペアのぬいぐるみを手作りしてウェルカムドールとして飾ることもできます。その他、二人の思い出の品物やアルバムを置いて、ゲストが自由に見られるように置いておいたり、100均などで購入したアイテムなどで自由にディスプレイしてみたりするのもいいですね。「今日は私たちの結婚式に来てくださってありがとう」という気持ちを込めて、手作りしてみてはいかがでしょう?

ペーパーアイテム

結婚式・披露宴に必要になってくるペーパーアイテムは、招待状、席次表、席札、メニュー表などです。それぞれゲストの人数分の枚数が必要になるため、式場で頼むと結構な値段がかかってきます。少しでも節約したい人はペーパーアイテムを手作りしてみましょう。すべて一から始めると時間もかかるし、何から初めていいか分からない!という人のためにブライダル専門のペーパーアイテム手作りキットが販売されています。PC操作に自信がある人は、無料のテンプレートなどをダウンロードして作ることもできます。

リングピロー

リングピローとは、結婚指輪を置いておくためのクッションです。色や形に決まりはなく、自分で手作りをする人も増えています。シルク素材やリボンを使ったベーシックなリングピローや、鳥籠のようなアンティークな籠の中にリングを飾るなど、想像力を働かせて自由に作ることができます。出番は少ないリングピローですが、結婚式後はウェルカムグッツのコーナーに飾ってゲストに見てもらうこともできますし、結婚式が終わっても記念に残ります。簡単に可愛く作れる手作りキットも販売されていますので、チェックしてみましょう。

両親へのプレゼント

披露宴では、両親に花束贈呈をする際に、記念品となるプレゼントも渡すシーンがあります。業者に頼んだり、両親が好きそうなものを購入したりすることもできますが、今まで育ててきてもらったことへの感謝の気持ちを込めて、記念に手作りしてみてはいかがでしょうか?陶芸教室のワークショップなどに参加してペアの湯飲みや茶碗を手作りしたり、家族の思い出の写真を入れた写真立てを作ったりするのもいいですね。心のこもった手作りのプレゼントに、両親の感動もひときわ大きくなることでしょう。

サンクスギフト

サンクスギフトとは、披露宴がお開きになって、ゲストを御見送りする際に渡す小さなギフトのことです。一般的には、チョコレートや小さなお菓子類が多いようですが、これも簡単にDIYすることができます。お菓子作りが得意であれば、クッキーやマフィンなど手作りして一つずつ可愛くラッピングしても素敵です。その他、カラフルなパッケージの紅茶のティーバック、キャンディーやビーンズ、マカロンなど見た目が可愛いお菓子を個装してもいいですね。

ゲストにも喜ばれる手作りのアイテム

手作りのウェディンググッツは、二人の人となりも伺い知ることができ、ゲストにも好評です。多少失敗したり、上手にできなくても、大切なのはゲストに楽しんでもらいたい、大切な人達に感謝を伝えたいという気持ちです。二人の気持ちが込められた手作りの品物は、きっと手にする人をほんわか幸せな気持ちにさせることができるでしょう。一生に一度の大切な日。是非、ウェディンググッツを手作りしてみてはいかがでしょうか?

by ワンダーペイント