お写真に関する注意点

お願い

ワンダーペイントでは、お客様の写真を元に似顔絵をお描きしております。
作家にとっては、写真が唯一の手掛かりとなります。
そのため写真の内容が、似る似ないに大きく影響します。何卒ご協力の程よろしくお願いします。

お写真をご郵送いただく場合、お写真のサイズが小さいことが多く、追加にて送付をお願いすることがございます。
できる限りで構いませんので、お写真はメールにて高画質なデータを添付し、お送りください。

できましたら、似顔絵用に新しくお写真を撮影ください。

ウェルカムボードなどご本人様の似顔絵の場合、できましたら似顔絵用に写真を撮影をして頂けます様、お願いいたします。

良いお写真の例

よいお写真の例:正面で大きく 正面を向いて笑顔

特に多い「よくない」お写真の例

よくないお写真の例:下から撮影

アプリ加工された写真は、輪郭や目や口の大きさが加工されていたり、印象が大きく異なる場合があります。

よくないお写真の例:顔が小さい

観光地などで撮影された風景のあるお写真などでは、顔が小さいため似顔絵を描くことができません。

よくないお写真の例:自撮りアップ

顔が途中で切れている。輪郭や髪型が分からないため、印象が変わる恐れがあります。

よくないお写真の例:上目使い

顔に角度がついていると、輪郭や目・鼻・口の位置や大きさが分からなくなります。

よくないお写真の例:暗い場所

背景と髪の毛が近い色の場所で撮影された写真は、髪型や輪郭が分からないです。

よくないお写真の例:暗い場所

暗い場所で撮影された写真は、髪型や輪郭が分からないです。

よくないお写真の例 一覧

よくないお写真の例:自撮りアップ

顔が途中で切れている。輪郭や髪型が分からないため、印象が変わる恐れがあります。

よくないお写真の例:顔が隠れている 手や物で顔が隠れているため、輪郭のカタチや大きさが分からないため、似ない可能性が高くなります。
よくないお写真の例:顔の一部が写真からはみ出している。

顔が途中で切れている。輪郭や顔の大きさが分からないため、印象が変わる恐れがあります。

よくないお写真の例:上目使い

顔に角度がついていると、輪郭や目・鼻・口の位置や大きさが分からなくなります。

よくないお写真の例:横顔

顔に角度がついていると、輪郭や目・鼻・口の位置や大きさが分からなくなります。

よくないお写真の例:下から撮影

顔に角度がついていると、輪郭や目・鼻・口の位置や大きさが分からなくなります。

よくないお写真の例:暗い場所

背景と髪の毛が近い色の場所で撮影された写真は、髪型や輪郭が分からないです。

よくないお写真の例:暗い場所

暗い場所で撮影された写真は、髪型や輪郭が分からないです。

よくないお写真の例:ピンボケ

ピントの合っていない写真では、顔を確認することができません。

よくないお写真の例:顔が小さい

観光地などで撮影された風景のあるお写真などでは、顔が小さいため似顔絵を描くことができません。

よくないお写真の例:マスク

マスクなど顔が隠れていては、顔の形がわかりませんので、似顔絵を描くことができません。

よくないお写真の例:帽子

帽子を被られている場合、髪型や顔の大きさ、また帽子の影の特徴が分からないため、似ない可能性が高くなります。

よくないお写真の例:マフラー

頬やアゴの一部が隠れるため、輪郭が分からなくなり、似ない可能性が高くなります。

よくないお写真の例:サングラス

目の形や大きさが分からないため、似顔絵を描くことができません。

よくないお写真の例:下から撮影

髪型は顔の印象を決定づける最も大きな要因です。普段と異なる髪型での写真は似ない可能性が高くなります。

よくないお写真の例:下から撮影

アプリ加工された写真は、輪郭や目や口の大きさが加工されていたり、印象が大きく異なる場合があるため、似ない可能性が高くなります。

よくないお写真の例:下から撮影

アプリ加工された写真は、輪郭や目や口の大きさが加工されていたり、印象が大きく異なる場合があるため、似ない可能性が高くなります。

よくないお写真の例:下から撮影

印象が大きく異なる場合があるため、似ない可能性が高くなります。

よくないお写真の例:下から撮影

印象が大きく異なる場合があるため、似ない可能性が高くなります。

※スマホアプリで加工をされたお写真は参考にできません

スマホアプリやプリクラなどで加工されたお写真は、『輪郭を小さくする』『目や鼻、口の大きさを変える』『特徴(シワ)を除く』などの加工がされています。
そのためそのような写真を元に似顔絵をお描きしても、似ることはありません。
必ず加工されていないお写真をお願いいたします。